家族の血管年齢を知り高血圧を予防する

現代病の一つである高血圧は、自覚できる症状もないまま、血管を傷つけていくので、気付いてないケースも非常に多いようです。食生活や、不規則な生活週間が原因になると言われていますが、中には他の病気の場合もあるので、医師にしっかりと診断してもらう事が大切です。まずは高血圧をしっかりと調べる事が大切なので、健康診断等を、しっかりと映るようにすることが大切です。家族の健康を考えた場合、高血圧を調べることが非常に重要なことです。1年に1回は、健康診断をするように家族に進めるようにしましょう。高血圧になってしまうと、大きく血管年齢が増してしまうので、改善するように頑張る必要がありますが、まずは食生活などから、改善できるように心がけていきましょう。高血圧になってしまうと、塩分を控えめにした食事を取ることが大切ですが、現代人の食生活を考えてみると、塩分を控えめにすることが非常に難しい場合があります。また塩分が減ることで、料理を美味しく感じられない方も多いようです。そのような場合は、塩分はそのままで、食べる量を半分にするなど工夫すると、塩分の摂取量を減らすことができるでしょう。このような食生活は、家族で生活をしている場合、協力が必要になってきます。もともと高血圧では無い方がいる場合でも、塩分を少なくした食生活は、健康にとても良いので、習慣化できると良いのではないでしょうか。また睡眠時間も非常に重要なので、規則正しく眠れるような、生活習慣をつけましょう。このような努力によって、血管年齢は徐々に改善されていくので、家族で協力し合って、血管を若々しく保てるようにしましょう。家族の血管年齢を知ることが、高血圧を改善し、予防する、第一歩といえるでしょう。

トップページへ